yone’s coffee Life【Diary of Roasting『エチオピア』Vol.2】2020/11/2

このブログを書いている方はこちら↓

yoneさん

能登出身、加賀住まいのコーヒー好きです。

主にフレンチプレスやペーパードリップで淹れてます。

最近は焙煎機アポロで焙煎の勉強をしています。

よろしくお願いします。

https://ryuta-k.com/cafe-freekerlabo-yone/

2020/11/01
ご無沙汰しています。更新が止まていました。
今回は9,10,11バッチ目(以降A)と12,13,14バッチ目(以降B)を紹介します。

Aでは火力を一部変えてどの火力がベストなのか探りました。
BではAでのベストな火力で、プロファイルや味の再現ができるのかどうかを確かめました。

A
具体的にはドラム内の温度が180℃を超えたところから火力を変えました。
9バッチ目
1.2→1.3(ガスの微圧計のメモリ)
10バッチ目
1.2→1.5
11バッチ目
1.2→1.4
煎り止めは224℃で統一しました。

結果はプロファイルはもちろん味も結構変わりました。
9では渋さが目立ち、10ではオレンジやはちみつ、紅茶のようなオレンジ色のフレーバーを感じ、11では10より厚みがない、という印象でした。

B
個人的には10での火力が良いと思い、12,13,14を焼きました。(13は煎り止めのタイミングをミスりました。)
プロファイルはその日の気温、湿度、豆の状態などに影響されるので全く同じとはいきません。煎り止めの時間が少し気になりましたが、誤差の範疇だろうと思いました。

しかし味のニュアンスが違ってました。
12はぶどう、13は紅茶やはちみつ、14はストーンフルーツ系のニュアンスでした。
下記はペーパーで淹れた9~14の評価と感想です。


抽出条件
ドリッパー HARIO V60
粉量15g
湯量225g
メッシュ 4/15 (カリタ ネクストg)
湯温90℃
時間2:10-2:20

焙煎して思ったのは180℃から1ハゼまでの1分間当たりの温度上昇が平均10℃を下回ったらぶどう系、10℃を上回ったらオレンジ系のフレーバーになる?と思いました。

いずれにせよ再現性は難しいと痛感しました。
どなたかが、味の再現ができるのがプロ、

とおっしゃっていました。
まだまだ険しい道のりですね。

あと友達に少しずつ豆を送ったので、その感想がどきどきで楽しみです。


ではまた!

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

北陸のコーヒー好き達が集まるコミュニティ【北陸カフェフリーカーラボ】では、定期的なオンラインコーヒー会やオフラインでも集まるコーヒー会やカフェ巡りなどのイベントを開催しています。

(※2020.11現在はコロナの関係上、ほとんどオンラインコーヒー会がメインです。)

メンバーの活動やカフェ巡り、おうちカフェの様子はTwitter、Instagramなどにも随時アップしています。

その他にもワクワクするようなイベントや活動をみんなで考えていますので、興味のある方はこらまでお問い合わせください↓

ryuta.cafefreaker@gmail.com

➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ryuta-k

北陸カフェフリーカーラボ主宰のRyuです。このサークルは、僕が趣味で始めた『コーヒー』を通して繋がった仲間達と、もっと楽しい事がしたいと思い創りました。コーヒーファンによるコーヒーファンの為のサークルです。